給湯器交換の費用や相場について詳しく解説

給湯器の費用

給湯器の交換にかかる費用の相場とは給湯器の交換で一番気になるのが交換の費用ではないでしょうか。相場を知らないで見積もりをとると「給湯器ってこんなに高いの?」と驚く人も多いと思います。給湯器の交換といっても給湯器メーカーや給湯器販売業者によって大きく値段が異なります。ここでは給湯器の交換に必要な費用とその相場をご紹介します。給湯器といってもメーカーやタイプがたくさんあり使用の違いで価格が大きく異なります。具体的には以下の4点があげられます。@お風呂の追い焚きや足し湯の機能を付けるかA暖房機能はどうするかB一分間に何リットルの給湯能力があるか、C効率よくお湯を沸かすエコジョーズ等の省エネ性の高い物にするかこの中で@とAについて、追い炊き機能がなく、暖房機能のないタイプだと、5〜15万くらいのものになりますが、追い炊き機能つきで、一般的な暖房の機能がありリモコン・給湯器のセットだと、14〜27万くらいの価格の開きがあります。すなわち、機能が充実すればその分金額も高くなるわけです。金額の高さは、依頼する業者によって割引後の金額にかなり幅がありますので、業者選びは慎重に複数見積もりを取り検討した方が良いと思います。さて、実際に見積もりをしてみましょう。すると本体価格だけでなく取り付け工事費が必要なことに気づきます。取り付け工事費の内訳は以下の通りです。@取付工事費A吸水結び替費B給湯結び替費Cリモコン結替費Dガス結替費E出張費F廃材廃棄費G点火試験費これらの費用の中に、10年保証が入っている場合もありますし、業者によっては別途あんしん保証の加入が必要な場合もあります。また、上記のほかにも老朽化による配管交換や給湯の場所変え等、別途諸費用が必要な場合もあります。見積もりを取るときには、別途工事費用にも必ず確認しておきましょう。さて、実際に取り付け工事費も含めた見積もりを出し業者毎に金額の比較ができました。ここで、安易に「安いのは不安」「高いから安心」と決めてつけて給湯器の購入を検討してはなりません。というのも、仕入れ価格の違いにより業者ごとに見積もり価格が異なるからです。同じ給油機でも規模の大きい業者は給油機メーカーから大量に仕入れてますから仕入れ価格は安いです、一方で、そうでない規模の小さい業者は大量に仕入れれませんからメーカーの販売価格に近い価格で販売することになります。このように、業者規模によっても金額が異なりますから給油機器交換の際はしっかりと業界の相場を知って信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

 

給湯器についての役割

 

 

給湯器は日々の暮らしのなかでも大変重要な役割を担っています。生活をする部屋の中にはたくさんの物があるかと思いますが、それらのほとんどは、たとえ壊れてしまってもその物の持つ役目のみが果たせない程度で終了します。たとえば炊飯器が壊れてしまったら、お米は食べられなくなりますがパンで代用はできます。テレビが壊れてしまっても、スマートフォンのワンセグで視聴は可能でしょう。しかし、給湯器が故障してしまいお湯が出なくなってしまった場合は、その影響の範囲は計り知れません。まず、最も懸念されるのがお風呂に入れなくなることです。とくに寒い季節になってくると、とても水だけでは身体を洗うことはできません。風邪を引きやすくなってしまいますし、血管を収縮させてしまうので健康的にも良くないです。不衛生な状況で生活をしなければならなくなった場合、徐々に体臭がきつくなってくることでしょう。そうすると、翌日の仕事などにも影響します。同僚たちから嫌われ、取引先にも不快な思いをさせてしまいます。万が一のトラブルの影響がこれほど大きい理由は、給湯器がただの物ではなく、ライフラインのひとつになっているからです。だからこそ、調子が悪いと感じたり、故障の前兆が見えた場合は、早急に給湯器交換を行う必要があります。給湯器交換を行うにおいて、まず頭に入れておかなければならないことがあります。それは給湯器は決して単独で動いているわけではないということです。給湯器からは住まいの目に見えない場所に無数の配管が通っていて、水道や浴室、温水床暖房などに接続されています。つまり、給湯器交換を行う際は、配管工事も必要になる場合があるということです。配管にまったく劣化が見られなかった場合は、給湯器本体の交換だけで済みますが、本体が寿命を迎えて故障してしまうほどの期間を置いた配管は、どこかしらにトラブルが起きている確率が高くなっています。給湯器交換の際にはせっかくですから、配管も含めた全体の様子も調査しておいた方が良いでしょう。配管工事の必要がなく、給湯器本体の取替だけであれば時間はそんなにかかりません。長く見ても1時間以内で終わるでしょう。時間だけで考えるとそれほど手間もかからないので、簡単にできるのではないかと思ってしまいます。しかし、取り付けには条件があります。自分でやるには資格が必要になります。まず必要とされるのが「電気工事士」の資格です。給湯器の作動には電気が使用されています。電気配線の工事は、万が一事故が起きてしまうと大規模な火災に発展してしまったり、集合住宅であれば建物全体に害を及ぼす可能性があります。そのため、最低限の知識を有する資格を持った人でなければ取り付けはできないとされています。給湯器交換を許可されるのは「第二種電気工事士」という資格を持っている人です。また、同じ理由で専門知識を必要とするガス給湯器の場合は「ガス設備士」という国家資格も必要になります。資格がなければできないということは、作業にそれなりのリスクを伴うということです。自分で行う場合は自己責任の重さを承知の上で作業にとりかかる必要があります。給湯器の寿命は長く見ても15年ほどが限界だろうといわれています。完全に故障をしてしまい、動かなくなってから取り替えるとなると、本体だけでなく別のところも劣化が及んでいる可能性があります。手遅れにならないためにも大切なのは定期点検です。異常を早期発見できることが、コストを抑えつつ給湯器交換ができる秘訣となります。場合によっては交換ではなく修理や、細かな部品の取替だけで済む場合もあります。経済的で豊かな暮らしを送るためにも、給湯器などのライフラインは常に安定した状態に保っていなければなりません。


更新履歴