給湯器交換の際にかかる費用についての詳細

給湯器の取り替えに必要な費用について給湯器を取り替えてもらうときに、一番心配になるのはその費用についてでしょう。中には給湯器の値段の高さに驚く方もいらっしゃるのではないかと思われます。もちろん、給湯器のメーカー、販売する業者によって費用はかなり違ってきますが、この記事では給湯器の交換の際にかかる費用の相場について話していきたいと思います。一番初めに知っておくべきなのが、給湯器の本体がどのようなものなのか、またその値段についてです。給湯器にもタイプ・メーカーがいくつか存在しますから、給湯が早くできるもの・省エネ化を意識したもの、おいだき・足し湯ができるもの、暖房が使えるもの、など、本体のタイプによって値段がかなり違ってきます。おいだきができて、普通の暖房が使える給湯器とリモコンのセットのものであっても、14万から27万くらい価格の開きが見られることがあります。~27万くらいの価格の開きがあります。おいだき、暖房機能がついていないものなら5万から15万くらいで購入できるものもあります。当たり前かもしれませんが、たくさんの機能が備わっていれば、それだけ値段も高くなってしまいます。また、全く同じ仕様の給湯器であっても、業者や給湯器のタイプなどによって割り引かれたあとの価格に大きな差が出てきます。業者が違うだけで何万円か多く取られてしまうかもしれないとなると、どの業者を選ぶか決めるときはいくつか見積もりを行なった上で考えるべきでしょう。給湯器本体を除いた取付工事費の内訳は、たとえば、取付工事費、吸水結び替費、給湯結び替費、リモコン結替費、ガス結替費、出張費、廃材廃棄費、点火試験費といったものになってきます。業者によっては、10年間の保証がついていたり、オプションで安心保証へ入らなければならないときもあるので、あらかじめ確かめておくのが良いでしょう。他にも、老朽が原因で配管をかえなければならないとき、給湯器の位置を変更したいときなどには追加で価格が割り増しされることもあるため、本体の値段だけでなく工事にかかる費用にも気をつけておくべきだと言えます。店頭によって価格に差が出る原因として様々な要因が挙げられますが、そのなかの一つとして給湯器の仕入れの値段があるでしょう。中小の工務店ならば止むを得ず高い値段設定をしなければなりません。ですが大規模な業者ならメーカーの希望価格にとらわれることなく安売りをすることができるのです。大規模、要するに施工実績の高い業者は、中小の工務店と比べれば何十倍といった受注仕事数の差があるので、メーカーからたくさんの量を、価格を抑えつつ直接てにいれることができます。つまり、施工した実績がたくさんあれば安く済むと言えます。しかし、だからといって安いのは安全性に欠ける、もしくは高いのは安全性が高いというわけではありません。というわけで、給湯器を取り替えるときにはきちんとその相場を理解した上で業者に頼むのがよいでしょう。