『エコキュート』導入費用・相場、ランニングコストの実態まとめ

エコキュートの内情

家庭用ではパナソニックやデンソー、コロナ、長府製作所などから発売されているヒートポンプ式電気給湯器『エコキュート』。ここではエコキュートの導入をお考えの方の為に、エコキュートに関する様々な情報をお伝えします。従来型給湯器やエコジョ-ズと何が違うのか、費用面でどちらがお得なのか、徹底的に解説します。

エコキュートとは?基礎知識

エコキュートとは、従来のガスや石油を燃焼させてお湯を作る給湯器とは異なり、電気を使いお湯を作り出す給湯器です。

エコキュートの特徴1.深夜発電でランニングコストをカットできる

エコキュートは主に深夜に運転し、貯水タンクにお湯を貯めておくシステムです。電気代金が安い深夜に運転することでコストを抑え、従来の高効率ガス給湯器エコジョーズよりも光熱費を節約することが出来る仕組みです。

エコキュートの特徴2.太陽光発電・オール電化との相性が良い

エコキュートは深夜にお湯を作りますが、日中は放熱ロスがある為全く運転しないわけではありません。しかし、オール電化のご家庭に設置されているケースが多い、太陽光発電の余剰電力をエコキュートに回すことで、全体的な電力ロスを防ぐことができ、より効率的な電気の仕様が可能となります。

エコキュートの特徴3.CO²削減に貢献するエコ性能

エコキュートはガスや石油を使う燃焼型給湯器と比べ、CO²排出量が非常に少なくなります。また、普段あまり使われることのない深夜の電力を使用することで、電力需要の均衡化を図ることが出来る為、発電所からの電気ロスを減らしCO²排出量を防ぐという環境問題への貢献が出来る給湯器です。

エコキュートの導入費用・相場はいくら?

2009年ごろに一般家庭向けの普及が始まったエコキュートは導入当初は100万円近い高額の給湯器でした。しかし、電気事業者への奨励金制度などの環境整備や価格競争の結果、2018年11月時点での管理人調べによる一般家庭でのエコキュート導入費用は

37~58万円 ※工事費・諸費用コミ

上記まで導入費用の相場が下がってきています。一方、高効率ガス給湯器である、エコジョーズの交換費用の相場は17~27万円前後です。

価格の幅は、オートかフルオートか、床暖房に対応しているか、などの細かい機能差によって変わります。

エコキュート導入費用の注意点

エコキュートは導入当初からしばらくは故障が多かったことで知られています。その原因は、機器が複雑であるためで、水質なども影響していました。故障が発生した際の修理費用もガス給湯器と比べると高額な為、コスト比較をする際には単純な導入費用・ランニングコストの他にも、故障時のリスクがあるという点は覚えておきましょう。

エコキュートのランニングコストの実態


※画像はクリックで拡大

エコキュートのメーカー、デンソーでは上記のようなシミュレート結果が掲載されていて、これを単純に当てはめた場合、エコジョーズとの比較において導入費用は約7~10年でペイできる結果となります。

また、上記は年間の平均ガス使用代金(基本料金は含まず)が約5,000円という計算で、これは4人以上のご家庭で毎日お風呂に入るようなご家庭ならまず到達する金額の為、床暖房があったり頻繁にお風呂を張り替えるような御家庭であれば、コスト差は拡大し、エコキュートの方がよりお得になります。

さらにあるメーカーの調査では、ガス給湯器を使用している家庭とIHヒーター+エコキュートというオール電化の家庭では、月間の光熱費の差が8,000円を超えるケースもあり、オール電化のご家庭であればエコキュート1択なのは間違いありません。

エコキュートのランニングコストの落とし穴

ただし、エコキュートには以下の欠点もあります。

  • 故障によるトラブルが多く、それにより維持費用がかさむ
  • 2014年7月25日にパナソニック製エコキュートの不具合によるリコール事件が発生している

故障に関するリスクがガス給湯器よりも高いことは確実で、その点は導入段階で見極めることは難しいです。

また、実際に管理人が給湯器(従来型)の設置をお願いした業者さんからは

『少なくともガスを使っている家庭ではリスクが高いので、現時点ではあまりお客様にオススメすることはない』

という話を直接聞いています。

マンションではそもそもエコキュートが設置が出来ないケースも多い

エコキュートは温めたお湯を保管しておく貯水タンクの設置が必須です。その為一般的なマンションでは設置スペースが無いため導入すること自体が出来ません。

もしもマンションにお住まいの方でエコキュートの導入を検討されている場合、まずは設置が可能かどうか、事前に必ず確認しておきましょう。

運転時に発生する低周波による健康被害に注意

またエコキュートの大きな欠点として、深夜にコンプレッサーを稼働させることで発生する低周波の健康被害があります。

群馬県に在住するA氏(50歳代男性)は、平成21年2月頃、不眠、頭痛、めまい、吐き気等を発症した。その後、同年5月頃、A氏の配偶者B氏(50歳代女性)も同じような症状を訴えた。「これらの症状は、隣家の敷地内(自宅から約2m離れた場所)に設置されているヒートポンプ給湯機から生じる低周波音と思われる運転音・振動によるものである。」として、平成24年10月、A氏及びB氏は調査委員会に事故等原因調査等の申出を行った。

~中略~

低周波音固有の人体への影響の有無及びそのメカニズムには不明な点もあるため、現時点においては、ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難であるが、健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに、より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を進めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び公害等調整委員会は以下の取組を行うべきである。

引用:消費者安全調査委員会 消費者安全法第23条第1項に基づく 事故等原因調査報告書 家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により不眠等の健康症状が発生したとの申出事案

エコキュートが発する低周波と健康被害については、結論として明確な因果関係が認められてはおらず個人差があることも確認されていますが、影響があったことは否定できない、として意見書が提出されています。

設置場所によっては、ご自身やご家族のみならず隣人への影響も考えられるため、エコキュートの導入にはこの点にも配慮する必要があります。

エコキュートvsエコジョーズ 導入するならどっちがオススメ?

2018年11月時点での導入費用比較においては、単純なコスト面だけを見た場合、エコキュートも十分に導入を検討するに値します。しかし前述するデメリットも多いことから、下記のような形がオススメです。

エコキュートはこんな人にオススメ

・4人以上のご家庭でオール電化へのリフォームやオール電化の新築一軒家をお考えの方

・毎月のガス代の平均が1万円を超えるようなご家庭で一軒家住まいの方

・健康被害を防ぐための予防策がしっかりと講じられる方

上記に該当しない方の場合は、エコジョーズや従来型のガス給湯器で問題ないでしょう。

導入費用がかなり安くなり、光熱費も削減できるエコキュートですが、導入できるご家庭はかなり限られているのも実態です。今後の給湯器交換において、どちらがいいのかは、メリット・デメリットをしっかり把握した上で、検討されることをオススメします。

エコキュート・エコジョーズを設置できる業者をお探しの方はこちら