給湯器のエラーコード 【290】 原因と直し方 ~中和器詰まり異常~

給湯器のエラーコードは1995年(平成7年)以降、メーカー間で統一されています。リンナイ、ノーリツ、パーパス、パロマ、長府製作所等、メーカーによって取り扱い説明書に記載のエラー表記名は異なりますが、原因及び対処法は原則として共通となっています。

給湯器のエラーコード【290】の原因

エラーコード290の原因

エラーコード290はエコジョーズ特有のドレン排水に関係する中和器に関するエラーです。エラー発生原因はいくつか考えられますが、機器の故障よりも、寒さによる凍結、悪天候による影響などでエラーが発生するケースが多く、必ずしも修理を必要とするエラーではありません。

※中和器とは……エコジョーズの仕組み上必ず発生する酸性水(ドレン)はそのまま排水することが出来ません。ドレンを中和して中性にして排水する為の装置が中和器で、中には中和剤(炭酸カルシウム)が入っています。

エラー深刻度:★★☆☆☆

290エラーはすぐに修理サービスを依頼するよりもセルフチェックをまず優先すべきエラーです。焦らず下記手順を一つずつ試していきましょう。

給湯器のエラーコード【290】の対処法

リモコンの電源をリセットする

まずは一旦お湯の使用をストップし、給湯器のリモコンの電源を一旦切り、再度電源をオンにします。雨天で排水口に雨が大量に入ってしまったなどが原因の際、瞬間的に水位エラーを検知するケースがあり、その場合は一時的な現象ですので、リモコンのリセットで治るケースがあります。

凍結の場合は自然解凍を待ってリモコンリセット

冬季の寒冷地などで凍結の可能性がある場合は、配管内部の凍結が自然解凍するまでしばらくそのまま様子を見て、リモコンをリセットすることで直る場合があります。

尚、どうしても急ぎの場合、ドレン配管をドライヤーなどで温めて解凍する方法もありますが、温度が高すぎると温度差により配管が破裂してしまうなど損傷する可能性もありますので、出来る限り自然解凍を待ちましょう。

ドレン配管は、給湯器本体に繋がる配管の内『排水』と記載されている部分がドレン排水用の配管になっているのが一般的です。※詳細は給湯器の取扱説明書を必ずご確認下さい。

天候以外が原因の場合の対処法

雨天や凍結とは考えられない状況かで290エラーが発生している場合に考えられる原因は下記の3種です。

  • 設置直後の場合、施工不良
  • 微生物や藻・黄砂・ゴミなどの異物混入
  • 機器の故障

エコジョーズを設置してすぐに290エラーが発生した場合は、ドレン排水の施工不良の可能性が高いので、設置した業者に対応を依頼しましょう。

また、異物混入や機器の不良の場合、給湯器内部を点検する必要があり、原因のセルフチェックは難しいので、業者に点検・修理を依頼しましょう。その場合にかかる費用は下記の通りです。

  • 外部の配管、水漏れに関する交換・補修の場合 総額8,000~15,000円程度
  • 水栓金具関係の補修の場合 総額12,000~20,000円程度
  • 給湯器水制御装置の修理 総額10,000~35,000円程度
  • 給湯器電装系部品の修理 総額6,000~46,000円程度

故障の原因によりかかる費用は異なりますが、長期間使用している給湯器の場合、290エラー以外にも経年劣化で故障が発生する可能性が高く、場合によっては修理ではなく給湯器本体を交換した方が良いケースもありますので、修理をするか給湯器交換をしてしまうか、作業員の方と相談の上判断するのがオススメです。

給湯器の修理・交換を依頼できる業者はこちら

修理か交換か 給湯器の寿命をベースに考えよう

給湯器には寿命があり、耐用年数は10年~15年程度と言われています。使用頻度や使用環境にもよりますが、10年近く使用してから故障が発生した場合には本体交換を勧められるケースがほとんどです。

エラーが発生して修理が必要となった場合、本当に修理に費用をかけるべきか、本体を交換してしまう方が良いのか、下記記事を参考に交換した際にかかる費用などをチェックした上で検討しましょう。

【給湯器の修理】費用・相場やトラブル解決手順とは?

給湯器の修理・交換業者の選び方

給湯器取り付け お得な業者の選び方やDIYの方法は?