あなたに最適な給湯器は「据置型 オートかフルオートタイプの従来型給湯器 16~24号」です

ここでは、あなたに最適な「据え置き型 従来型給湯器」の交換費用やお得な業者の選び方等を解説し、実際に業者へ問い合わせ・依頼するまでの最適な方法とオススメ業者をご紹介していきます。

交換費用・相場

給湯器据え置きタイプ

  • 16号 11~14万円
  • 20号 13~17万円
  • 24号 15~19万円

※本体・リモコン・工賃コミの総費用目安です

毎月のガス代が8,000円に満たなかったり、居住人数が1~2人といったケースでは、導入費用が安い従来型給湯器の方がランニングコストを加味してもトータルでお得です。

号数とは給湯パワーの違い

給湯器の号数で、16号、20号、24号が何を指すかと言うと、お湯を出す時のパワー・出湯量の違いになります。一般的には

  • 16号……1箇所でしかお湯を使用しない家庭用
  • 20号……2箇所でお湯を使用する家庭用
  • 24号……3箇所でお湯を同時使用可能

といった区分になりますが、シャワーを気持ちよく使いたい、お風呂を溜める時間を少しでも早くしたいといった方は、高い号数の方が満足度が高いです。ここは好みによって選択するのがオススメです。

オートとフルオートの違いはお風呂の湯張り方法

このタイプの製品は、自分で選択できる機能の一つにオート・フルオートの2種類があります。違いは以下の通り。

  • オート……ボタン一つで風呂の湯張りを行い、適量で自動で止まる。
  • フルオート……オートの機能に加えて、時間経過で湯量が減ると、自動的に適量まで湯足しをする

費用面では、フルオートの給湯器の方がやや高めです。いつでも適量のお風呂に家族全員が入れるようにしたければフルオート、自動湯足し機能はいらないならばオート、という形で選べばOKです。

従来型給湯器はメーカー差はほぼない

このタイプの給湯器は、リンナイ、ノーリツ、長府製作所等から発売されていますが、際立った機能差はないので、メーカーを気にする必要はありません。

問い合わせの流れと業者選びのコツ

では、実際に交換を依頼するにはどのようにすれば良いか、まとめました。

1.まずは希望する給湯器のタイプを確認

あなたに最適な給湯器は下記のタイプです。

  1. 据え置き型
  2. オートかフルオート
  3. 従来型
  4. 好みの号数(16、20、24号のどれか)

号数や機能は好みで決めて問題ありませんので、上記の4点をメモするなりコピペしておきましょう。

2.給湯器の設置場所の写真を撮る

これは、オンライン上で見積もりを依頼する時に必要なのですが、設置場所が極端に狭かったりすると作業が出来ない為、オンライン上での見積もり依頼時には写真が必要になります。

スマホ等で給湯器の設置場所について、設置場所+周囲が見えるよう遠目の写真を1枚、近くに寄って配管が見える形の写真を1枚の計2枚準備しておきましょう。

スマホをお持ちでない、写真のアップロードに慣れていないという方は写真撮影は飛ばしても大丈夫です。

3.見積もりは問い合わせフォーム・メールが便利

給湯器交換業者に見積もり依頼をする際は、出来る限り複数の業者に問い合わせて価格を比較する(相見積を取る)事が大切です。

と言うのも、給湯器は種類が多い為、必ずしも特定の業者が安いとは限りません。業者の仕入れ状況次第で交換費用は変動しているので、ネット上のランキングサイトなどを鵜呑みにせず、最低でも3社程度は問い合わせるのが確実に最安値相当で工事をするコツです。

ただ、その際、電話で問い合わせると、適合する給湯器を確認する為に、冒頭の1~4を必ず毎回聞かれます。勿論時間があれば電話でも構いませんが、自分が希望している給湯器のタイプである、1~4をメールや問い合わせフォームに記入して見積もりを取る方が時間短縮になります

勿論、メールやオンライン上の問い合わせに慣れていない方は、直接電話で聞くのが一番早い方法です。

4.金額とスケジュールが合えば正式に依頼

上記の手順を踏めば、あとは価格やスケジュールが合う業者に正式に依頼すればOKです。

1点気を付けたいのは、給湯器交換には立ち合いが必要という点です。自分かご家族が給湯器交換工事の時間に在宅している必要がありますので、スケジュールを事前に確認した上で問い合わせるとスムーズです。

※このタイプの工事時間は約2時間です

給湯器交換を依頼できるオススメ業者

業者名相見積もり最安値施工スタッフ資格明示口コミ・詳細
エスケージー自社口コミ詳細
正直屋(湯テックス)×一部下請け×口コミ詳細
関東給湯器交換サービス×自社口コミ詳細
東京給湯器大問屋×自社口コミ詳細
キンライサー×自社口コミ詳細
交換できるくん×自社

上記は関東圏で給湯器交換を比較的安く依頼できる業者一覧です。下記を伝えて見積もりを複数社から取りましょう。

  1. 据え置き型
  2. オートかフルオート
  3. 従来型
  4. 好みの号数(16、20、24号のどれか)

その他の地域にお住まいの方はネットで「給湯器交換 〇〇(地域名)」と検索して出てきた中から複数の業者へ問い合わせるのがオススメです。

ガス会社・給湯器メーカー・ホームセンターにも依頼は可能ですが、ネット系の給湯器交換専門業者より確実に高い上、現地調査が必要だったり交換までに時間がかかるので、ネット上に出てくる給湯器交換専門業者へ依頼するのがオススメです。

県別でその他の業者を見る