給湯器 凍結防止の予防策・凍ってしまった時の対処法のまとめ

給湯器 凍結

こちらでは給湯器の凍結防止方法は何があるのか?その対策をご紹介しています。これまで凍結で困った事のある方、長期間家をあける際に給湯器の凍結を防ぎたい方は、低温注意報や冷え込みが厳しくなる事が予想される際に以下の方法で凍結を予防して下さい。

また凍ってしまった時の対処法、解凍方法についてもまとめてみました。

給湯器の凍結防止に保温テープ・保温チューブ・凍結防止帯カバーを使う方法

これは特に凍結しやすい室外に露出している配管を保護する方法です。

保温テープ、保温チューブ

給湯器凍結テープ 給湯器凍結チューブ給湯器凍結テープ 給湯器凍結チューブ

保温材には主に配管に直接巻き付ける保温テープと配管を包み込む発泡スチロールのような見た目の保温チューブがあります。

どちらもDIYでの補修が可能ですが、保温チューブはカーブする部分への取り付けが少し難しく設置場所の配管サイズを予め計測しておく必要があるので、基本的には保温テープを使用する方が多いです。

尚、保温テープは巻くだけで非粘着タイプの物もあるので、その場合は別途粘着テープを使って端止めを行いましょう。また、ビニールテープは熱で粘着性が弱まりますので、その部分は少し厚めに保温テープを巻き、配管の給湯の熱が伝わらないよう注意しましょう。

凍結防止帯

給湯器凍結帯

こちらは保温テープと見た目は似ていますが、中に電気を通し、凍結防止帯そのものが熱を持って給湯器が凍るのを防ぐ仕組みとなっています。

また、凍結防止帯に組み込まれているサーモスタットで外気温を関知し、暖かい時には無駄な電気は使いませんので、電気代もそれほど心配する必要もありません。

ただし、電源プラグが必要ですので、給湯器周りの電源が給湯器用の1箇所しかない、といった場合にはタコ足配線などでコンセントを増設・配線が露出しないよう取り回しが必要ですので、その点は事前に確認しておきましょう。

DIYでの装着方法は、配管に沿って巻き付けるだけ。非常に簡単ですが、凍結防止帯そのものが熱を持つ為、固定に粘着テープは使えません。別途結束バンドを用意すると良いでしょう。

また、凍結防止帯はヒーター機能を持つ電気製品で、凍結防止帯のみを設置すると剥き出しの状態となり小動物や雨風の影響で故障しやすくなるため、保温テープ・保温チューブと組み合わせて使うのが一般的です。

凍結防止帯を設置した上から保温テープをしっかりと巻き、破損しないよう保護しましょう。巻き方は以下の画像・動画を参考に、凍結防止帯に付属の説明書を見ながら適正な間隔で巻きましょう。

給湯器凍結防止帯

尚、道路の除雪などに使用される凍結防止剤(塩化ナトリウム)は家庭用の給湯器には絶対に使用しないようお気を付けください。

少量のお湯を垂れ流しにしたままにし凍結予防をする方法

こちらは少量の水を流し続ける事で凍結を予防する方法です。

  • 手順1
    リモコンの運転スイッチを切る
  • 手順2
    給湯栓(蛇口のお湯側)を開け、1分間に400cc(太さ約4mm程度)の水が流れるよう調節し、そのまま放置しておく

主に浴室や台所など凍結しては困る箇所の給湯栓はこの方法で凍結予防が可能です。追い炊き機能の有無に関わらず対処する事が可能です。

給湯器内部の水を常に循環させておく事によって凍結を防止しますが、リモコンのスイッチを切っておかないとお湯が出続けガス代がかさんだり、機種によっては異常使用と判断してエラーが出る場合がありますので、リモコンのスイッチを切っておく事はお忘れなく

凍結防止機能が標準装備されている給湯器の場合(追い炊き機能付き給湯器)

追い炊き機能付き給湯器の場合、外気温が下がると自動的に凍結を防止する為のヒーター・ポンプが作動します。作動時には浴室や台所のリモコンに「凍結防止」マークが表示されます。

  • 手順1
    給湯器・リモコンの電源がONになっているか確認
  • 手順2
    浴槽の水を空にしないで循環金具より5cmほど上まで水を張っておく

この状態をキープしておきましょう。浴室の水を循環させる事で凍結を予防する仕組みが取られています。

尚、給湯器に追い炊き機能が付いていない場合には、この方法は使えませんのでご注意下さい。

水抜きで凍結防止をする方法

これは給湯器・浴室に溜まっている水を全て抜いておく方法です。冬場の別荘や旅行などで長期に渡って家を空ける際には以下のように対処しておくと凍結を予防できます。

水抜きはまず給湯器から行います。


参考:リンナイ公式HPより

  • 手順1
    台所・浴室などに設置してある全てのリモコンの運転スイッチを切る
  • 手順2
    給水元栓・ガス元栓を閉める
  • 手順3
    室内の給湯栓(蛇口)を全て開ける
  • 手順4
    給湯器側の水抜き栓を全て開ける

これにより給湯器から室内までの水が全て抜け、凍結を防止する事が出来ます。

続いて浴室内の水抜きです。

  • 手順1
    給水元栓・ガス元栓が両方とも閉まっているか確認
  • 手順2
    浴槽内の水を完全に抜く
  • 手順3
    浴槽内が空になったらリモコンのスイッチを入れ、追い炊きスイッチをONにする
  • 手順4
    循環金具から水(お湯)が出る事を確認する
  • 手順5
    給湯器側の水抜き栓を全て開ける
  • 手順6
    給湯器の電源プラグを抜くか分電盤をオフにする

※こちらはリンナイHPにて記載されている追い炊き機能付き給湯器用の手順です。

また、この手順を実行した後は、そのままでは給湯器が使えません。次に給湯器を使う際には

  • 手順1
    リモコンのスイッチをOFFにする
  • 手順2
    給湯器側の水抜き栓を全て閉める
  • 手順3
    給湯器の電源コードを指す(分電盤をONにする)
  • 手順4
    ガス元栓・給水元栓を開ける
  • 手順5
    10分程度放置してからリモコンの運転スイッチをONにする
  • 手順6
    リモコンにエラーコード等が表示されていない事を確認した上でお湯を使う

といった手順を踏んでください。

凍ってしまった時の対処法

もしもすでに凍ってしまったという場合には、基本的には自然解凍を待つのがベストです。

給湯器本体や配管にお湯をかけて解凍する方法は、急激な温度変化により配管や給湯器本体が破損・故障する原因となる為、オススメできません。凍結による給湯器の修理は保証期間内であっても有償となりますので、破損の可能性があるお湯を用いた解凍はやめましょう。

自然解凍を待てない場合、給湯器の凍結を直すにはドライヤーの温風をあてるという方法があります。この際もお湯をかける方法と同様に急激に温めると破損する危険性がありますので、少し離した位置からドライヤーをあて、少しづつ時間をかけながら解凍しましょう。

尚、ホッカイロを使うという方法もありますが、ホッカイロは凍結している箇所に貼っておいてもすぐに冷たくなってしまい、あまり効果はありませんのでオススメしません。