給湯器のリモコン交換費用はいくら?DIYは可能??

給湯器リモコン

給湯器のリモコンが壊れた場合、各種操作が外部から出来なくなるためとても不便ですよね。では、そんな時に交換費用はいくらかかるのか、交換はどうやってやれば良いのか、解説していきます。

給湯器のリモコン交換はDIY OK

給湯器のリモコンは、自分で交換することも出来ます。2次配線なので電気工事士の資格も必要ありません。

上記動画で紹介されている通り、工具があれば十分にDIYが可能です。

リモコンの交換 DIY時の注意点

  • うっかり取り外した後の配線が壁の中に落ちないよう注意
  • 配線の結線はコンセント式ではないケースがほとんど。カシメなどの結線用工具は必要
  • 粘着テープなどがついている場合、壁を傷つけないよう丁寧な施工で

給湯器のリモコンの交換はDIYが可能とは言え、それなりに工具は必要です。こういったDIYに慣れていない方は業者に頼むのが無難でしょう。

給湯器のリモコン交換にかかる費用は本体代金+工賃

リモコン交換にかかる費用はリモコン本体代金+工賃ですが、いくつか注意点がありますので合わせて内訳を見ていきます。

リモコン本体は同一型番でないと作動しない

給湯器のリモコンは、同一型番のものでないと作動しません。いくら多機能なリモコンが欲しいと言っても、給湯器本体と連動しているので動きませんので注意が必要です。

その上で、リモコンは『ヤフオク・楽天・メルカリなどで中古で買う』のが最もお得です。

物によっては数千円で入手できます。新品をメーカーから取り寄せるとなると1万円前後します。新品に拘りが無い方の場合ヤフオク等で十分でしょう。

工事費用はメーカーは高い 地元のガス会社などに頼もう

リンナイやノーリツ、パロマなどの給湯器メーカーは基本的にリモコンの交換だけ、といった作業は主力業務としておらず、その為メーカーに依頼すると作業代金+本体代だけで2~3万円ほどかかってしまいます

また、依頼してから作業まで非常に時間もかかりますので給湯器メーカーに頼むメリットは一切ありません

地元のガス会社や給湯器交換・修理を専門にしている業者の場合、リモコン本体を用意しておけば作業工賃は3000円程度、業者の都合が合えば即日対応で15分程度で工事は終わります。

ただ、作業内容が非常に簡単で工賃も安い為、遠距離になると工事を受けてくれないケースもあります。

自宅から営業所の距離が近い業者を探すのが最も安くあげられる方法ですので、近隣のガス会社や給湯器交換業者を検索して依頼しましょう。

給湯器のリモコンの交換費用 まとめ

  • DIYは可能だが電気配線の結線が出来る工具は必要
  • メーカーからリモコン取り寄せ+工事は高額なためメリットなし
  • リモコン本体は同一型番でないと作動しない
  • リモコンは中古をヤフオク・楽天・メルカリ等で入手しよう
  • 地元のガス会社や給湯器交換専門業者に交換工事を頼もう