【給湯器の修理】費用・相場やトラブル解決手順とは?

給湯器の異臭

突然お湯が出なくなった、温度が安定しなくなった、異音がする等々、給湯器にまつわるトラブルは色々とありますが、その際にどのように対応すればいいのか。

修理するなら費用は?

修理と交換、どっちがお得なの?

トラブル発生時に確認しておくべきポイントをまとめてみました。

まずは本当に給湯器が原因なのかセルフチェック

お湯にまつわるトラブルと言っても、トラブルの原因は給湯器ではなく水道管や水栓金具などが原因の可能性もあります。始めにチェックしたいのは以下の5項目。

  • お湯は出ないけど水は出る?
  • 台所のガスコンロは使える??
  • ガス・風呂用のリモコンは正常?
  • 給湯器本体をチェック
  • お湯が出ない・湯量が少ない・ぬるいのは何か所??

それぞれのチェックポイント詳細はこちらのページにて解説しておりますが、まずはこれらをセルフチェックし、問題発生の原因を把握しましょう。それにより問い合わせるべきメーカー・業者も異なります。

水道管が原因であれば水道局へ問い合わせ、断水などの情報についてもそちらになります。また、蛇口・シャワーが原因の場合、施工した工務店やリフォーム会社への問い合わせとなります。

給湯器やリモコン等のトラブルである場合には、まず製造メーカーへ問い合わせとなりますが、よくあるQ&Aについてはページ下部にもまとめてありますので、そちらも合わせてご確認下さい。

給湯器の故障が原因 補償期間は??

給湯器本体の故障が原因と思われる場合には、まずメーカー保証期間内かどうかを確認してください。多くのメーカーでは製品保証期間が1年間となっており、その期間内であれば無償交換となりますのでメーカーへ連絡しましょう。

では、保証期間を過ぎている時はどうすればいいか。その場合もまずメーカーへ問い合わせるのが基本です。

故障原因によっては、修理に来てもらうことなく対応が可能なトラブルもありますので、ページ下部のQ&Aも合わせて確認してみて下さい。

修理と交換どちらがお得?費用はいくらかかる??

どうしても自分の手には負えない故障の場合は、修理か交換の必要があります。

そこでどちらを選ぶかですが、まず抑えておきたいポイントとして以下の4点があります。

  • 給湯器は10年前後が寿命
  • 給湯器交換の相場は安い物なら6万円代から
  • メーカーに修理を依頼すると出張費+技術料でどんなに安くても1万円は超える
  • 部品交換が無くてもメーカー修理依頼は出張費はかかる

その上で個別のケースで見ていくと

  • 外部の配管、水漏れに関する交換・補修の場合 総額8,000~15,000円程度
  • 水栓金具関係の補修の場合 総額12,000~20,000円程度
  • リモコンのみ故障、交換の場合 総額15,000~20,000円程度
  • 給湯器燃焼系部品の修理 総額17,000~33,000円程度
  • 給湯器電装系部品の修理 総額6,000~46,000円程度
  • 給湯器安全装置の修理 総額7,500~58,000円程度
  • 給湯器水制御装置の修理 総額10,000~35,000円程度

となっています。

メーカーは給湯器製造から10年間は部品の保守義務があるので、交換自体は可能です。ただ、一度直しても長年使用していればその他の不具合が出て結局交換しなければならない可能性は考えておかなければなりません。

また、給湯器内部の部品故障の場合、どこが故障しているのか正確な診断をするためにメーカーの人に一度見てもらう必要があるのですが、仮に故障が見つからない、もしくは直せないので交換、となった場合でも出張費がかかります。(距離により2,000~3,000円程度)

ですので

設置から5年間を過ぎていて、まだしばらく引っ越し予定の無い方は修理より交換

引っ越し予定がある、もしくはまだ設置から5年以内なら修理を検討

とするのがオススメです。

ちなみに、給湯器交換の費用や相場はタイプによって6万円~30万円と非常に幅広い為、自身の給湯器がどのタイプか、交換費用の相場はいくらなのかも把握した上で総合的に判断されるのがベストです。あなたのご家庭にマッチしている給湯器の交換費用はどのくらいなのか、下記記事も是非参考にしてみて下さい。

給湯器の選び方あなたにマッチする給湯器は?給湯器の選び方とタイプ別費用・相場

よくある給湯器トラブルQ&A

給湯器の電源が入らない

ブレーカーは落ちていないか、電源プラグが抜けていないか確認。どちらも問題なければメーカーへ問い合わせて下さい。

夏・冬にリモコンの設定温度以上(以下)のお湯が出る。

給湯器はお湯を出し始めてから点火され、給湯器内部のお湯温度を調整し始めます。極端に暑い夏場などは、元々の水温が高まっている可能性があり、温度調節が安定しない事はよくあります。給湯器の故障よりも外部環境が原因の可能性が高いので、リモコン温度を調節して適温調整しましょう。
また、サーモ式水栓を使用している場合、設定よりも低い温度のお湯が出る場合が多いので、給湯器の設定温度をリモコンで高めに設定する事で解決できる場合があります。
それでも解決しない(極端に温度が高い・低い)場合は故障の可能性が高いのでメーカーへ連絡しましょう。

浴室をリフォームした後、お湯はりをするとお湯が溢れてしまいます。どうすれば良いですか?

フルオートタイプの場合
以前の浴槽のサイズが記憶されており、適正な湯量とならない場合があります。
1.浴室リモコンで、記憶内容を消去する。
2.浴槽を空にする。
3.排水栓をしっかり閉める。
4.自動運転(自動湯はり運転)を開始する
5.自動湯はり運転が終了しましたら、再設定は完了
※リモコンの操作方法は各メーカーの取扱説明書をご覧ください。
オートタイプの場合
リモコンにて手動で湯量の切り替えが可能ですので、湯量を設定し直して下さい。上記の方法でも症状が解決しない場合には、故障の可能性が高いのでメーカーへ問い合わせてください。

給湯器を使用すると、排気の出るところから白い煙が出るけど故障?

給湯器の排気口からの白い煙は、水蒸気(湯気)です。
中でもエコジョーズタイプは、排気温度が低いため、白い煙(湯気)が出やすい傾向にあります。
特に冬場等の気温の低い時期に使用しますと白い煙(湯気)が出やすいのですが、上方に上がりながら自然に消える煙であれば、問題ありません。
黒い煙が出ていたり、白い煙が消えない場合は、機器に不具合が発生している可能性がありますので、メーカーへ問い合わせ修理・交換を行って下さい。

冬場、朝お湯が出なくなった!!故障??

配管や給湯器が凍結している可能性が高い症状です。この場合、日中気温が上がるにつれ自然に症状が解消されるケースが多いので、まずは一旦そのまま様子を見て下さい。
尚、凍結箇所を溶かそうとしてお湯をかけるなどは絶対にやめましょう。機器や配管が破裂したり故障する原因となります。
自然解凍を待っても症状が改善されない場合は、故障の可能性がありますのでメーカーへ問い合わせて下さい。

リモコンにエラー番号が表示されていますがどうすればいいですか?

取扱説明書が手元にあれば説明書を確認しましょう。また、基本的にどのエラーもお湯・水を一旦止めてから、リモコンの再起動(運転スイッチを入れ直す)を行う事で直るケースがあります。解決しない場合にはメーカーへ問い合わせて下さい。

お湯が出ない!給湯器トラブル 業者を呼ぶ前のチェックポイント