給湯器のエラーコード 【200】 原因と直し方 ~給湯残火安全装置作動・空焚き安全装置作動~

給湯器のエラーコードは1995年(平成7年)以降、メーカー間で統一されています。リンナイ、ノーリツ、パーパス、パロマ、長府製作所等(東京ガス・大阪ガス等のOEM製品含む)、メーカーによって取り扱い説明書に記載のエラー表記名は異なりますが、原因及び対処法は原則として共通となっています。

給湯器のエラーコード【200】の原因

エラーコード200の原因

エラーコード200は給湯器の空焚きやガス電磁弁開故障などが原因で異常高温となっている状態で発生するエラーです。電子部品や発火装置等なんらかの機器の故障が原因でエラーが発生します。給湯器内部のどこに異常があるのか、エラーコードからの原因特定が難しいタイプの故障で、一般ユーザーの自力対処は難しい為、直ちに給湯器の使用をストップして下さい。

エラー深刻度:★★★★★

200エラーは速やかに修理・点検が必要なエラーです。他のエラーによくあるリセット操作も効果が無い事と給湯器が高温になっていてうっかり触ると火傷をしてしまう恐れがありますので、下記の対処法に従って速やかに給湯器の交換・修理業者へ連絡して下さい。

給湯器のエラーコード【200】の対処法

直ちに給湯器の使用を停止する

室内・外でのお湯の使用をストップして下さい。また、決して給湯器本体や配管には触れないで下さい。

給湯器本体の電源を抜く

続いて給湯器本体の電源プラグをコンセントから抜いて下さい。

200エラーはすぐに修理か交換を依頼しよう

給湯器の200エラーは、給湯器内部の電子機器や燃焼機器の故障、コネクタ不良など原因は様々ですが、いずれにしても一般ユーザーが無資格で修理を行う事が出来ない領域の修理が必要となります。速やかに、専門の業者に修理か給湯器の交換を依頼しましょう。

  • 給湯器燃焼系部品の修理 総額17,000~33,000円程度
  • 給湯器電装系部品の修理 総額6,000~46,000円程度
  • 給湯器安全装置の修理 総額7,500~58,000円程度
  • 給湯器水制御装置の修理 総額10,000~35,000円程度

修理にかかる費用の目安は上記の通りですが、故障内容や給湯器の種類によってはより高額の修理費用となる事も考えられます。また、給湯器を設置してからの期間が長いことによる経年劣化による故障の場合、その他の故障が寿命により立て続けに起こる可能性もありますのでその際は本体の交換も検討しましょう。

給湯器の修理・交換を依頼できる業者はこちら

修理か交換か 給湯器の寿命をベースに考えよう

給湯器には寿命があり、耐用年数は10年~15年程度と言われています。使用頻度や使用環境にもよりますが、10年近く使用してから故障が発生した場合には本体交換を勧められるケースがほとんどです。

エラーが発生して修理が必要となった場合、本当に修理に費用をかけるべきか、本体を交換してしまう方が良いのか、下記記事を参考に交換した際にかかる費用などをチェックした上で検討しましょう。

【給湯器の修理】費用・相場やトラブル解決手順とは?

給湯器の修理・交換業者の選び方

給湯器取り付け お得な業者の選び方やDIYの方法は?