アパートで給湯器交換をする際の注意点と手順 まとめ

このページではアパートにお住まいの方で給湯器交換をお考えの方、給湯器が故障してどうすれば良いか分からないという方に、アパートならではの特徴を交えてお得な給湯器交換の方法を解説していきます。

まずはアパ-トの借主と貸主どちらの負担かを確認

アパートオーナーや管理会社が持ち主であれば貸主負担

賃貸アパートにお住まいの方の場合、給湯器はアパートオーナーや管理会社の持ち物であるケースが多いです。

その場合、給湯器が壊れて修理が必要、交換が必要、いずれのケースでもかかる費用は貸主負担です。

給湯器の調子が悪いと思ったら、まずは管理会社へ相談し、修理か交換を依頼しましょう。

借主負担の場合は今後の生活を考慮して修理か交換を検討しよう

珍しいケースではありますが、中には賃貸アパートでも給湯器がついておらず、借主が自分で給湯器の修理費用・交換費用を負担しなければならないケースもあります。

この場合、一軒家やマンションにお住まいの方と同様、自分で給湯器の修理・交換をしてくれる業者を探し、費用を出して直さなければなりません。

ただ、その場合注意したいのは、引っ越し時期です。

賃貸の場合、多くが2年ごとの更新となっていますが、仕事や家庭環境の変化から引っ越しを検討されている方も多いはず。引っ越しまであまり時間が無く、引っ越し先が再び賃貸アパートの場合、今ある給湯器を直したり交換したとしても引っ越し先で使えるとは限りません。そうすると修理費用・交換費用が無駄にかかってしまう恐れがあります。

給湯器の寿命(約10年)と修理費用、ご自身の今後の生活プランを予め考慮した上で、修理か交換か、検討しましょう。

アパートの給湯器 修理費用の相場は?

アパートの給湯器ではその多くが壁掛け式のガス給湯器が使用されています。一般的なガス給湯器の修理費用の相場は下記の通り。

  • 外部の配管、水漏れに関する交換・補修の場合 総額8,000~15,000円程度
  • 水栓金具関係の補修の場合 総額12,000~20,000円程度
  • リモコンのみ故障、交換の場合 総額15,000~20,000円程度
  • 給湯器燃焼系部品の修理 総額17,000~33,000円程度
  • 給湯器電装系部品の修理 総額6,000~46,000円程度
  • 給湯器安全装置の修理 総額7,500~58,000円程度
  • 給湯器水制御装置の修理 総額10,000~35,000円程度

電装系・安全装置などの電子機器が壊れているとやや高額な修理費用となっています。

給湯器の修理はどこに依頼すればいい?

給湯器の修理をする場合、依頼先は給湯器の修理を行っているネット系の業者か、最寄りのガス会社(東京ガス、大阪ガス等)、給湯器メーカー(リンナイ、ノーリツ、パロマ等)のいずれかに頼みますが、オススメは地元のガス会社かネット系の給湯器修理業者です。

メーカーは問い合わせ窓口が修理内容の相談に対応していません。まずは点検(有料:3,000円~)からしか受け付けておらず、二度手間がかかります。

ただ、あまりに遠方の業者になると出張費が高額になるケースがありますので、修理をお願いする際にはご自宅から近い業者の方が良いでしょう。

出来る限り故障の症状などを細かく業者へ伝えた上で、点検・修理を1日ですませてもらえるよう手配するのがベターです。

交換する場合の費用・相場はいくら?

多くのアパートで使われている壁掛け式の給湯器の交換費用の相場は6万円~22万円です。

値段に幅があるのは、給湯パワーを決める号数(16 20 24号)、従来型かエコジョーズかというガスのエネルギー効率による性能差、お風呂に追い炊き機能があるかないか、といった点で価格差が出ています。

あなたのアパートに設置されている給湯器がどのタイプで交換費用の詳しい相場については下記ページをご覧ください。

あなたにマッチする給湯器は?給湯器の選び方とタイプ別費用・相場

今後も長く今のアパートに住むようであれば交換の方が良いケースも多々あります。前述の通り給湯器の寿命は約10年ですが、そのくらいたっているのであれば、修理よりも新品に交換してしまう方が良いでしょう。

それぞれの環境に合わせて修理か交換か、予め費用を知った上で検討されるのが良いでしょう。

中古の給湯器は使える??

給湯器交換を安く済ませたいという時に、ヤフオクや楽天オークション、メルカリなどのオークションサイトや地元の一般人同士が売買するジモティのような掲示板サイトなどを利用される方もいます。

これらのサイトでも給湯器が出品されており、新品の給湯器を買うよりも交換費用を安く抑えることができます。

中古の給湯器の注意点

ですが、中古の給湯器の場合、以下の点に注意しなければなりません。

  • 給湯器には寿命がある為、使用年数によってはすぐ壊れてしまう可能性アリ
  • 給湯器本体を入手しても設置するにはガスに関する国家資格が必要
  • 設置・取り付けを業者に頼む費用も考慮しよう

給湯器を中古で入手できても、資格の無い一般人が設置するのはNGです。ガス管を繋ぐのは有資格者でなければいけません。

もし中古の給湯器を設置したい、ということであれば最寄りのガス会社へ連絡し、取り付けをお願いしましょう。

ガス管を繋ぐだけならば費用は3,000円程度です。室内のリモコンの設置や壁面への取り付け(これはDIYも可能)も含めてお願いする場合、6,000円~8,000円が取り付け工賃の相場です。

アパートで給湯器交換・修理をする際の注意点 まとめ

  • まずは借主・貸主どちらの負担か確認する
  • 修理をするか、交換をするかは今後のライフプランと相談
  • 今後の引っ越し先が賃貸の場合、今ある給湯器を新品にしても引っ越し先で使えないケースも考えておく
  • 引っ越し予定があるならば修理優先
  • 長く住むなら交換も視野に

アパートの場合、給湯器を修理するか交換するかは、それぞれの今後のライフプランとしっかり照らし合わせるのが重要です。

せっかく交換したのにすぐに引っ越しで交換費用が無駄になってしまった、なんて事の内容、しっかり費用と相場を把握した上で、修理か交換を検討してみて下さいね。