給湯器のエラーコード 【380】 原因と直し方 ~COセンサー異常~

給湯器のエラーコードは1995年(平成7年)以降、メーカー間で統一されています。リンナイ、ノーリツ、パーパス、パロマ、長府製作所等(東京ガス・大阪ガス等のOEM製品含む)、メーカーによって取り扱い説明書に記載のエラー表記名は異なりますが、原因及び対処法は原則として共通となっています。

給湯器のエラーコード【380】の原因

エラーコード380の原因

エラーコード380は、一酸化炭素(CO)の排出量を検知するセンサーの異常で、故障原因はセンサーの断線、地絡(意図しない漏電)、といった機器不良の他に、給排気通路が何らかの原因で閉塞していたり、熱交換器のフィン詰まりの可能性もあります。

いずれにしても、目視によるチェック・故障個所の特定が難しいエラーとなります。

エラー深刻度:★★★★★

380エラーは一酸化炭素の排出に関わる非常に重要なセンサーで、これが働かなくなると万が一の一酸化炭素漏れの発見が遅れ、爆発事故等に繋がる可能性がある非常に危険なエラーです。

380エラー=一酸化炭素が漏れているわけではありませんが、給湯器の安全性の重要な部品ですので、380エラーが発生したら必ず修理・点検を依頼して下さい。

給湯器のエラーコード【380】の対処法

給排気口が塞がっていないかチェックして、リモコンの電源を入れなおす

一旦お湯の使用を止め、給湯器のリモコンの電源を一旦落として下さい。その後、給湯器本体の給排気口をチェックし、外側から目視できる範囲に物が詰まっているようであれば掃除をします。

その後、再度電源を入れなおします。給排気口の詰まりや誤検知が原因の場合、これでエラーが解消されるケースもあります。

エラーが再発しなければ、センサーの断線の可能性もなくなります。

リモコンリセット後に修理業者を呼ぶ

リモコンのリセット操作で一旦エラーが解消されたとしても、380エラーは再発を防ぐ為に一度給湯器の点検・修理を行って下さい。

  • 給湯器電装系部品の修理 総額6,000~46,000円程度
  • 給湯器の点検費用 2,500円~

詳細な故障原因により費用は異なりますが、長期間使用している給湯器の場合、380エラー以外にも他の部品が経年劣化で故障が発生する可能性が高く、場合によっては修理ではなく給湯器本体を交換した方が良いケースもありますので、修理をするか給湯器交換をしてしまうか、作業員の方と相談の上判断するのがオススメです。

修理代を安くするためのポイント

このような内部回路のエラーの場合、エラーが発生した状況の詳細はなるべく事前に伝えておきましょう。

  • お湯を使用するとすぐエラーが発生するのか、しばらくして発生するのか。
  • リモコンリセット操作を試したかどうか
  • リセット後すぐにエラーが再発するのか、しばらくして再発するのか

状況を詳しく伝えておくことで、故障の原因を特定できるケースもあり、実際に修理を行う際の時間短縮(工賃の削減)にも繋がります。

給湯器の修理・交換を依頼できる業者はこちら

修理か交換か 給湯器の寿命をベースに考えよう

給湯器には寿命があり、耐用年数は10年~15年程度と言われています。使用頻度や使用環境にもよりますが、10年近く使用してから故障が発生した場合には本体交換を勧められるケースがほとんどです。

エラーが発生して修理が必要となった場合、本当に修理に費用をかけるべきか、本体を交換してしまう方が良いのか、下記記事を参考に交換した際にかかる費用などをチェックした上で検討しましょう。

【給湯器の修理】費用・相場やトラブル解決手順とは?

給湯器の修理・交換業者の選び方

給湯器取り付け お得な業者の選び方やDIYの方法は?