給湯器のタイプついて解説!ガス給湯器とは?電気式?ハイブリッドタイプって?

給湯器のタイプ

給湯器は、これから初めてマンションを購入する、始めて一戸建てを建てる、などこれから初めて生活基盤を作ろうとしている若い方にはあまり馴染みがない物かもしれません。

こちらのページでは給湯器とは何か?ガス給湯器と電気式給湯器の違いとは?など、給湯器の基礎知識を解説していきます。

そもそも給湯器とは?

家庭、事務所に限らず、お湯を使おうとする際に必ず必要になるものが給湯器です。主に室外に設置されている事が多く、壁にかけてあるタイプや、裏庭などの地べたに置かれている据置型と呼ばれるタイプ、またマンション用で玄関脇の壁内に埋め込まれるように設置されているPS型(パイプシャフト型)と呼ばれるタイプなどがあります。

給湯器は、本体の中に水を通し、ガスや電気を使って水を温め、室内のシャワーやお風呂、キッチンなどで使うお湯を作り出す装置で通常どんなご家庭にも設置されている大切な生活インフラの一つです。

蛇口を捻れば勝手にお湯が出てくるわけでなく、水道局から繋がる配管を通して供給されている水を温める装置が無ければお湯は出てこないんですね。

ガス給湯器とは?

では、ガス給湯器とは何かと言うと、文字通り「ガスでお湯を作る給湯器」です。

一戸建て、マンション、アパートとどのような住宅にも使われている最もポピュラーな給湯器のタイプで、家庭内で使用されているガスの8割はこのガス給湯器でお湯を作る際に使用されていると言われています。

給湯器本体にガス管・水道管を繋ぎ、給湯器本体の内部にあるガスコンロのような発火装置で水を温めて、室内へ給湯しています。

ガス給湯器は主に「従来型」「エコジョーズ」と呼ばれるタイプが該当します。

エコジョーズは従来型と比べて本体価格は高いものの、日々のガス代を大きく節約する事が出来、2010年代に入って大きく価格差が縮まっている事もあり、一般家庭でも広く普及しています。

電気式給湯器とは?

電気式給湯器は、主に「エコキュート」と呼ばれる大型の給湯器で、ガス給湯器がガスを使って熱を生むところを、ヒートポンプ式と呼ばれる構造で電気を使い熱を生む仕組みを取り入れている給湯器です。

ガス給湯器よりもCO2排出量が少なく、特にオール電化の家庭に導入されるケースが多いです。

一方、ガス給湯器と比べると初期費用がかなり高額で、ガス給湯器が工事費用こみで6万円~35万円程度のところ、エコキュートは50万円~100万円となっています。

ガス給湯器で使用されるガス代とエコキュートで使用される電気料金を比較した場合、電気代の削減量が多い事からランニングコストは低いと言われていますが、初期費用の差を埋められるほどではない為、2018年現在ではあまり一般的には導入が進んでいない給湯器です。

ハイブリッド型給湯器とは?

第三世代型とも呼ばれるハイブリッドタイプの給湯器は、「エコワン」と呼ばれるタイプが電気とガスの両方で作る熱で給湯する物。「エコウィル」がガスでお湯を暖めながら、発電も行うタイプ。「エネファーム」がエコウィルより省ガス性能を高め、発電も行う、といった給湯器です。

これらは、従来のエコジョーズやエコキュートよりもエネルギー効率が良い事から、ガス・電気両方の使用量を抑える事ができ、日々の光熱費が下がる事と地球環境に優しいと言う点で商品としては大変優れています。

一方で、エコキュートと同様に導入コストがまだまだ高額で、補助金制度を使ったとしても60万円~120万円ほどの費用がかかるのが現状です。

また、給湯器は約10年ほどが寿命と言われておりますが、近年発売されたばかりのハイブリッドタイプはまだ導入してからの実績が非常に少なく、耐用年数に関するデータをメーカーも業者も把握していないのが現状です。

その為、こちらもエコキュートと同様に導入が進んでいるとは言い難く、その為給湯器を設置・交換する時の選択肢はガス給湯器が一般的です。

給湯器と言えばガス給湯器とイコールという方もまだまだ多いのが現状でしょう。

尚、給湯器を交換・設置する際には、各家庭に設置できるタイプが基本的に決まっています。

これから給湯器の交換・設置をお考えの方は、是非こちらのページも参考にしてみて下さい。

【2018年最新】給湯器交換の費用と相場について