給湯器交換の寿命は何年?交換時期になるとでる故障の症状とは?

給湯器の故障

給湯器の寿命や交換時期、その際に出る症状をまとめています。

給湯器の寿命・対応年数は何年?

給湯器据え置きタイプ

給湯器の寿命・対応年数は一般的に8~10年と言われています。

各家庭での使用環境・使い方等により前後しますが、どんなに長くても15年程度を過ぎると故障が増え、交換時期が来ます。

給湯器の寿命を延ばすメンテナンス・使い方とは?

給湯器はガスを燃焼したり電気の熱でお湯を作り出す機械です。

使用中の給湯器内部は非常に高温となり内部の機器に負担がかかる為、使用頻度が多ければ多いほど故障しやすくなり、少なければ寿命を延ばすことに繋がります。

また、寒冷地などでは冬季の凍結を防ぐメンテナンスを施したり、外部に設置されていることが多い給湯器の周辺に雨風が当たらないよう工夫をすることも寿命を延ばすことになります。

給湯器の交換時期の目安とタイミングは?

給湯器は8~10年を過ぎれば交換時期となります。

まだ故障なく使えている給湯器はそのままでも問題ありません。

故障している場合は費用をかけて修理するよりも、給湯器本体を交換した方がトータルで費用が抑えられる為、寿命・対応年数=交換時期と言えます。

と言うのも、寿命が近い給湯器の場合、一箇所を直してもまた別の不具合、更に別の不具合と故障が続く事が多いからです。

また、給湯器はメーカーの部品保管が10年となっており、以降部品の在庫が無くなり次第修理が出来なくなります

給湯器を設置してから8年以上が過ぎ、故障の症状が現れた時=交換のタイミングですので、故障の症状が出ていないか、下記記事を参考にチェックしてみましょう。

給湯器の寿命が近い時の故障の症状とは?

給湯器の異臭

以下の故障は給湯器が寿命に近い時によくあらわれる故障のサインです。

故障の症状1 お湯が出なくなる・温度が不安定になる

給湯器の交換時期になると最もよくあらわれる症状の一つです。

これは給湯器の燃焼機器の不具合で、不完全燃焼を起こしたり、燃焼そのものが出来なくなっている状態で、それにより水を温めることができくなっています。

  • 給湯器燃焼系部品の修理 総額17,000~33,000円程度

お湯が出ない!給湯器トラブル 業者を呼ぶ前のチェックポイント

故障の症状2 給湯器の水漏れ

給湯器から水漏れする故障も寿命に近いほどあらわれやすくなる症状です。

これは、給湯器内部の配管が熱や経年劣化により破損し、給湯器内部を通る水・お湯が漏れ出す症状です。

また、給湯器本体だけでなく、外部の水道管や内部へ繋がる接続部分のゴムパッキンなども劣化する為、水漏れは様々な箇所で発生する可能性があります。

  • 外部の配管、水漏れに関する交換・補修の場合 総額8,000~15,000円程度
  • 水栓金具関係の補修の場合 総額12,000~20,000円程度

水漏れの程度によってはそのまま使用していても問題ないケースもあります。

ただ、水漏れによってその他の燃焼器具や制御装置の故障に繋がったり、サビ・腐食の原因ともなり寿命を縮めてしまいます

給湯器の水漏れ 原因と対処法

故障の症状3 給湯器から異音がする

給湯器からこれまでしなかった異音がするケースでは、原因は多岐にわたります。

  • モーター故障
  • 燃焼系の不具合
  • ファン周りの破損
  • 循環制御系の不具合 等々

給湯器のうるさい異音の原因と対処法は??

異音がするのは故障のサインです。放置しておくと最悪のケースではガス漏れが発生し、大きな事故となる危険性もありますので上記記事を参考に対策を取りましょう。

給湯器が寿命を迎えて故障した時のベストな対応・メンテナンスは?

給湯器交換の豆知識

給湯器の寿命が近い時期に起こった故障について、メンテナンス・修理を施すことは可能です。

以下、修理費用の概算です。

  • 外部の配管、水漏れに関する交換・補修の場合 総額8,000~15,000円程度
  • 水栓金具関係の補修の場合 総額12,000~20,000円程度
  • リモコンのみ故障、交換の場合 総額15,000~20,000円程度
  • 給湯器燃焼系部品の修理 総額17,000~33,000円程度
  • 給湯器電装系部品の修理 総額6,000~46,000円程度
  • 給湯器安全装置の修理 総額7,500~58,000円程度
  • 給湯器水制御装置の修理 総額10,000~35,000円程度

一方、給湯器本体の交換にかかる費用・相場の目安は以下の通りです。

  • 6~26万円 ※設置場所や給湯器の種類により大幅に費用が変わります

これだけを見れば給湯器本体の交換よりも、修理の方が費用はかからないのは間違いありません。

しかし、給湯器の寿命が近ければ、一つ修理をしても、また別の不具合、さらに別の不具合、と次から次へと修理費用がかさむケースも少なくありません

寿命で故障した給湯器は本体交換がベスト

修理費用の方が安くとも、今後も同じ家で生活をするのであれば給湯器本体を交換するのがベストです。その理由は下記の通り。

  • 寿命が近ければ故障が頻発して修理費用がかさむ
  • エコジョ-ズ・エコワン等の新しい給湯器にすれば毎日のガス代・電気代が今より安くなる可能性がある

ポイントとなるのは、給湯器の性能が上がっているということ。

これまで従来型の給湯器を使っていた場合、エコジョーズやエコキュート、エコワンなどのエネルギー効率が高い給湯器へ交換することで、日ごろのガス代・電気代を節約することが出来ます。

本体交換の費用はかかりますが、今後も発生する可能性が高い故障の修理費用とランニングコストの削減を比較した場合に、交換する方がコスト面で有利なのは間違いありません。

従来型 vs エコジョーズ vs エコキュート お得な給湯器はどれ?

ガス代・電気代とイニシャルコストに関する費用・相場の比較は上記記事を参考にして下さい。

給湯器交換で費用を抑えるベストな方法とは

給湯器の交換をする場合には、

  • 設置場所(壁掛け・据え置き・PS式・小型給湯器等)
  • 給湯方式(追い焚き機能・床暖房機能の有無)
  • 給湯器の種類(従来型・エコジョーズ・エコワン等)
  • 号数(16号20号24号等)

これらを考慮して、最適な給湯器を選ぶ必要があります。各家庭の状況によって設置できる給湯器はある程度決まっています

それにより給湯器交換の費用も異なりますので、ご自宅の給湯器がどれにあたるのか把握したい方は下記記事を参考にしてみて下さい。

あなたにマッチする給湯器は?給湯器の選び方とタイプ別費用・相場

また、給湯器交換を依頼する業者をどこにするか、という問題もあります。

給湯器交換を依頼できる業者は主に

  • ガス会社
  • 給湯器メーカー
  • 大手ホームセンター
  • リフォーム会社
  • 給湯器交換専門業者

こちらがありますが、依頼する業者により費用は勿論のこと利便性も大きく異なります

給湯器本体の交換をお考えの方は、是非とも一度下記の記事をご覧ください。

給湯器取り付け お得な業者の選び方やDIYの方法は?

引っ越しの予定がある場合は修理もアリ

給湯器が寿命を迎えて故障してしまった場合、本来であれば本体交換をするのがベストですが、今の住宅を離れる予定がある場合には修理するのも選択肢の一つです。

引っ越し先が賃貸アパートや賃貸マンションであれば給湯器本体は管理会社の持ち物であるケースが多く、今の故障している給湯器を使い切ってオシマイにできるからです。

給湯器の修理・交換でDIYはNG

何とか費用を安く済ませたい場合に、自前で直したり交換することを検討する方もいますが、給湯器の修理・交換でDIYはNGです。

なぜなら、給湯器はガスや電気などの危険物を扱う器具であるため、法律によって修理・交換が出来るのは国家資格を持つ有資格者のみと定められているからです。

給湯器交換でDIYは絶対NG!その理由と必要な資格

給湯器の修理・交換に関しては、専門の業者へ依頼する必要がありますので、実際に給湯器を交換した私の体験談もご参考の上、ベストな対処をして下さいね。