給湯器のエラーコード 【310】 原因と直し方 ~低温感知サーミスタ異常~

給湯器のエラーコードは1995年(平成7年)以降、メーカー間で統一されています。リンナイ、ノーリツ、パーパス、パロマ、長府製作所等(東京ガス・大阪ガス等のOEM製品含む)、メーカーによって取り扱い説明書に記載のエラー表記名は異なりますが、原因及び対処法は原則として共通となっています。

給湯器のエラーコード【310】の原因

エラーコード310の原因

エラーコード310は外気温が低い時などに作動する凍結予防ヒーターが運転し続けている異常で、サーミスタの断線、地絡(意図しない漏電)、抵抗値の異常などが原因として考えられます。低温関知サーミスタは本来冬場にのみ作動するものですが、季節の変わり目などで気温の上下が激しい際に誤検知を起こすケースが多いです。

エラー深刻度:★★★☆☆

310エラーは誤検知であればリモコンのリセットで直るケースもありますが、故障の可能性も高く、修理費用が発生する事も多いエラーです。

給湯器のエラーコード【310】の対処法

リモコンの電源をリセットする

まずは一旦お湯の使用をストップし、給湯器のリモコンの電源を一旦切り、再度電源をオンにします。

このリセット操作でエラーが再発しないようならばそのまま様子を見ながら使用して構いません。

リセットで直らない場合には修理業者を呼ぼう

リセットでエラーが治らない場合は、断線等の故障である可能性が高い為、修理が必要です。310エラーの修理にかかる費用は以下が目安です。

  • 給湯器電装系部品の修理 総額6,000~46,000円程度

故障の原因によりかかる費用は異なりますが、長期間使用している給湯器の場合、310エラー以外にも経年劣化で故障が発生する可能性が高く、場合によっては修理ではなく給湯器本体を交換した方が良いケースもありますので、修理をするか給湯器交換をしてしまうか、作業員の方と相談の上判断するのがオススメです。

修理代を安くするためのポイント

このような内部回路のエラーの場合、エラーが発生した状況の詳細はなるべく事前に伝えておきましょう。

  • エラーはどのような状況で発生したのか(給湯器の使用中か、突然か)
  • リモコンのリセット操作は試したか
  • リセット後すぐにエラーが再発するのか、しばらく経過してから再発するのか

状況を詳しく伝えておくことで、故障の原因を特定できるケースもあり、実際に修理を行う際の時間短縮(工賃の削減)にも繋がります。

給湯器の修理・交換を依頼できる業者はこちら

修理か交換か 給湯器の寿命をベースに考えよう

給湯器には寿命があり、耐用年数は10年~15年程度と言われています。使用頻度や使用環境にもよりますが、10年近く使用してから故障が発生した場合には本体交換を勧められるケースがほとんどです。

エラーが発生して修理が必要となった場合、本当に修理に費用をかけるべきか、本体を交換してしまう方が良いのか、下記記事を参考に交換した際にかかる費用などをチェックした上で検討しましょう。

【給湯器の修理】費用・相場やトラブル解決手順とは?

給湯器の修理・交換業者の選び方

給湯器取り付け お得な業者の選び方やDIYの方法は?