給湯器はガス?石油?電気?データから見る流行の給湯器

給湯器の種類と設置割合

家庭でお湯を使うために欠かせない給湯器ですが、一昔前まではガス給湯器が一般的でした。
しかし、最近温暖化などの環境問題によってエコを目的とした設備も普及し始めて電気の給湯器を使用している家庭も増えてきました。

スマートハウス、オール電化などの言葉もよく聞くようになったこの時代、果たしてどの給湯器が人気なのか?環境省のデータを元に解説していきたいと思います。

建て方別給湯器・給湯システム

給湯器・給湯システムの種類(世帯で複数機器の場合あり)は、建て方別の差が大きくなっています。
戸建住宅の世帯ではガス給湯器・風呂がまの使用率が約5割で最も多く使用されています。電気ヒートポンプ式給湯機が約2割、電気温水器が約1割と、電気給湯器を使用している世帯の3世帯に1世帯が電気温水器を使用しています。集合住宅の世帯ではガス給湯器・風呂がまが約9割です。

建て方別給湯器・給湯システム

引用元:環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/kateico2tokei/result5/detail5-2.html

環境省による全国の家庭で使われている給湯システムのデータです。
まだ、マンションやアパートなどの集合住宅では9割以上がガス給湯器を使っております。
しかし、一軒屋、一戸建ての家庭では50%ほどまでに減少しており、電気給湯器の普及率もかなり増えています。最近では建売の住宅もオール電化やスマートハウスの使用になっているところが多いので今後も電気給湯器の普及率は上がっていきそうです。

地方別給湯器・給湯システム

ガス給湯器・風呂がまは大都市圏である関東甲信、東海、近畿で使用している世帯が多く、灯油給湯器・風呂がまは寒冷地(北海道、東北、北陸)及び沖縄に多くなっています。
電気ヒートポンプ式給湯機は北陸、四国で2割超の世帯が使用しており、電気温水器は北海道、北陸、中国、四国、九州で1割超の世帯が使用しています。なお、北海道、沖縄では電気ヒートポンプ式給湯機より電気温水器を使用している世帯が多くなっています。
太陽熱温水器は中国、四国、九州で3~4%普及しています。

地方別給湯器・給湯システム[%(複数回答)]
電気ヒートポンプ式給湯機
(エコキュートなど)
電気温水器ガス給湯器・風呂がまガス小型瞬間湯沸器
(台所等で専用のもの)
灯油給湯器・風呂がま太陽熱温水器(タンクと集熱部が一体となっているもの)太陽熱利用給湯システム(タンクと集熱部が分かれているもの)
北海道3124144400
東北1594493300
関東甲信94838410
北陸21125271600
東海156756420
近畿1177910210
中国19165651131
四国21135151442
九州17136051041
沖縄586622010
全国1287171010

引用元:環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/kateico2tokei/result5/detail5-3.html

環境省の調べによる地域別での給湯器の設置割合のデータです。

こちらも全体的にはガス給湯器が半数以上を占めていますが、中国、四国、九州、東北地方では15~20%ほどエコキュートなどの電気給湯器が普及しています。沖縄や北海道、東北では石油給湯器の割合も多くなっています。

建築時期別給湯器・給湯システム

新しい住宅に住む世帯ほど電気ヒートポンプ式給湯機の使用率が高く、ガス、灯油機器の使用率が低い傾向がみられます。電気温水器は建築時期によらず、5~10%程度普及しています。古い住宅に住む世帯では太陽熱温水器を数%使用している世帯がみられますが、新しい住宅に住む世帯はほぼ使用していません。

建築時期別給湯器・給湯システム[%(複数回答)]
電気ヒートポンプ式給湯機
(エコキュートなど)
電気温水器ガス給湯器・風呂がまガス小型瞬間湯沸器
(台所等で専用のもの)
灯油給湯器・風呂がま太陽熱温水器(タンクと集熱部が一体となっているもの)太陽熱利用給湯システム(タンクと集熱部が分かれているもの)
1970年以前6866212031
1971~1980年71171181421
1981~1985年8774111320
1986~1990年867541120
1991~1995年1067241221
1996~2000年1177321011
2001~2005年1311692700
2006~2010年3010561300
2011年以降356571100
全体1287171010

引用元:環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/kateico2tokei/result5/detail5-5.html

新しく家を建てたときの給湯器の普及割合です。
2005年以降は3割以上の家庭に電気式の給湯器が使われております。データは2011年までなので現在はもっと増えているのが現状です。最近では給湯器だけではなく太陽光発電を家庭に設置して家庭の設備を全て電気式にするスマートハウスも増えてきています。

従来型も含めればまだガス給湯器以外の普及率は2割程度

ただし、上記の数字は高効率給湯器と呼ばれる、エコジョーズ、エコキュート、エコフィールなどの給湯器を対象としているデータで、従来型と呼ばれる給湯器が含まれていません。

給湯器専門誌、キュートピアによると2017年時点における給湯器の総設置台数は468万台でその内の7割が従来型給湯器です。

高効率給湯器のシェアで見ると66%がガス給湯器のエコジョーズ、29%がエコキュートとなっており、その他の最新型(エコフィール、エネファーム、エコワンなど)は高効率給湯器の中でも1~3%程度のシェアしか無いのが現状です。

これからは何の給湯器を付ければいいの?

では、今後給湯器を選ぶ上でどのタイプを選べば良いのか、という点ですが、実際に給湯器交換を行っている業者に直接聞いた話として

『現状ではガス給湯器で十分。うちではイニシャルコストが高いことや修理費用が未知数なこともあってエコキュートやエコワンをオススメすることはまずないよ』

とのことでした。

エコキュートは2018年11月時点での調査で導入費用は37万円前後~とかなり低価格化が進んでいますが、それでもまだランニングコストでイニシャルコストを埋めきれていないのが現状です。

オール電化の家の場合はエコキュートを検討、それ以外ではエコジョーズか従来型を自宅のガス使用量に応じて検討する、という形が今後もしばらく続きそうです。