ガスの給湯器で「 502 」のエラーコードが出た場合の原因と対処法

「 502 」のエラーコードとは?

ガスの給湯器で「 502 」のエラーコードが表示された場合、主に湯はりの不良エラーや、ふろ熱動弁の異常などによるエラーとなり、部品の故障の他、配管やアダプターなどの詰まりが原因と考えられます。

以下、各メーカーの「502」エラーコードの内容と診断や対処法になります。また、東京ガスや大阪ガスなどは、基本各製造メーカーのエラー内容と同じになります。

ノーリツの「502」エラーコードの場合

UVランプ切れで、対処は修理相談になります。

リンナイの「502」エラーコードの場合

湯はり不良です。診断や対処は、湯はりの電磁弁不良、追い焚きの配管潰れ、給水元栓の確認などになります。

パーパスの「502」エラーコードの場合

ふろ熱動弁の異常で、対処は修理依頼になります。

「502」のエラーコードが表示された時の対処の仕方

ノーリツ製給湯器の場合

ノーリツの「502」は、UVランプ切れという機種限定のエラーコードです。説明書を見てメーカーに相談しましょう。

リンナイやパーパスなど、その他のメーカー製給湯器の場合

リンナイやパーパスの「502」は、湯はり異常の際に見られるエラーコードで、お湯はりが出来ない状態になっています。

ノーリツ以外のメーカーは、次のようにリモコンでリセットすることで、エラーが消える場合があります。

まず自動のお湯はりを止め、リモコンの運転スイッチを「切」にします。そして、再びリモコンの運転スイッチを「入」にした時にエラーコードが消えていれば、もう一回お湯はりを試してみます。浴槽の残り湯がない状態で確認してください。

この方法でエラーコードが消えたら、しばらく様子を見てください。

リモコンをリセットしても「502」エラーが出る場合

先程のやり方でリモコンをリセットしても、「502」エラーコードが表示される場合は、不具合が起きている可能性があります。

湯はり異常のエラーで、湯はり回路の部品の故障や、湯はり回路の配線やコネクタの異常、電装ユニットの故障、追い焚きの配管の詰まりや潰れなどがある場合、専門の業者に診てもらう必要があります。

他にも、給湯器の給水元栓が閉まっていたり、冬場に配管が凍結している場合も、エラーが出ることがあります。

循環アダプターのフィルターの詰まりが原因なら、掃除をすることでエラーが消える場合がありますので、確認してみましょう。

※リンナイやパーパス、東京ガスや大阪ガスのリンナイやパーパス製などの「湯はり回路」の異常の場合になります。

循環アダプターの詰まりの確認の仕方

循環アダプターの詰まりは、湯はりや追い焚き不良、ふろポンプの故障の原因にもつながりますので、以下のような方法で詰まりを確認します。

循環アダプターのフィルター(カバー)部分を、回して外します。

フィルターの表面には、細かい穴がびっしりとあります。この穴に湯垢などが溜まりがちなため、綺麗に掃除します。使わなくなった歯ブラシなどで定期的に汚れを取ると良いでしょう。

循環アダプターのフィルターは外すことができますが、金具の本体を外すことはできません。無理に浴槽から外そうとすると、水漏れにもつながりますので、気を付けましょう。

フィルターを掃除したら、「自動湯はり」をします。この時に再び「502」エラーが出た場合、専門の業者に相談してください。

また、ガス給湯器の使用目安は約10年と言われています。そのため、10年程使用しているのなら、経年劣化によるエラーも考えられます。場合によっては修理だけでなく、給湯器を交換する必要があるかもしれません。

まとめ

以上が、「502」エラーコードが出た場合の原因と対処法になります。

「502」エラーが出た場合、上記のような方法で自身で対処してもエラーが消えないのなら、各メーカーやガス会社に、賃貸なら管理会社や大家さんに相談してください。